読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡道場 オリバーミーチルズ

超意識高い系眼鏡屋店員のブログです。超一流の眼鏡技術者を目指す為に、色々勉強をしていきます。

f:id:shinjyojimichiru:20170215161527p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234300p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234302p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160609182313p:plain

f:id:shinjyojimichiru:20160121234308p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160221232852p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234312p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234316p:plain

f:id:shinjyojimichiru:20170217212516p:plainf:id:shinjyojimichiru:20170215160838p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234320p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234328p:plain

f:id:shinjyojimichiru:20170215164738p:plainf:id:shinjyojimichiru:20170215163902p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234335p:plainf:id:shinjyojimichiru:20170506221819p:plain

ツーポイント加工風景

どうもー、オリバーミーチルズのみちるちゃんです。

皆さんメガネしてますか?

 

長身でイケメンの僕は意識高い系の眼鏡店員してます。

 

パソコンのデータを見ていたら、懐かしい写真が出てきました。眼鏡の加工風景です。

4年前?位の頃でしょうかね。たぶん眼科の隣で勤務してた時のものだと思います。

 

今回はツーポイントですね。

シャルマンのラインアートです。

f:id:shinjyojimichiru:20170329000006j:plain

エクセレントチタンでテンプルの金属がとても柔らかいのが特徴ですね。TVとかで芸能人の方もよく掛けているのを見ます。

 

f:id:shinjyojimichiru:20170329000009j:plain

さ、作りますか・・・と過去の僕が言ってます。

 

レンズは元々こういった丸い生地を機械で削って、眼鏡レンズの形にしていきます。

 

最近の眼鏡は加工機が便利に出来ているので、操作法さえ覚えればそこそこ上手く仕上げることも出来る訳ですが、ツーポイントは技術勝負です。最近の高価な加工機ではツーポも作れる物も有るらしいのですけど・・・僕は使ったことがありません。

 

僕だけじゃなくて、殆どの眼鏡屋さんは、そんな高価な機械は無いので手作業で作っているはずです。

 

f:id:shinjyojimichiru:20170329000012j:plain

 

加工機でレンズを削った後ですね。

ツーポイントはレンズに穴を開けるので、変なところに穴を開けてしまうと失敗します。

失敗すると店側の損になりますので、基本的に新人の方がすることが少ないのではないでしょうか?

一番最後に覚える人が多いと思います。

 

f:id:shinjyojimichiru:20170329000913j:plain

手に持って使うドリルとか、ドリルを固定して垂直に降ろす機器とか色々有るんですけど、当時の僕は一年に一回転勤してまして、店に寄って道具が違うので、どの道具でも作成が可能です。そう考えると貴重な経験だったと思います。

 

f:id:shinjyojimichiru:20170329000015j:plain

 

レンズに穴を開けて、ネジを通してフレームの穴に入るようにしますが、当然穴の位置が正確でないといけません。

 

穴がレンズの内寄りに開いてしまった場合は、レンズの穴にネジは通りますが、フレームの穴にネジが通りません。

 

逆にレンズの外側に穴が開いてしまうと、レンズとフレームにネジが通りますが、レンズが固定できず、ネジを締めてもレンズが上下に動いてしまいます。

 

さらに、上下に穴がズレてしまった場合はレンズが水平にならず、タレ目になったりツリ目になったりしてしまうのです。

 

結局のところ、綺麗に出来上がる穴の場所は一つです。

 

f:id:shinjyojimichiru:20170329000018j:plain

 

初めにレンズに水平線を引いていたのですが、これが真っ直ぐという事は綺麗に出来上がっているという事ですね。

レンズと鼻側の金属が接触しておりますから、レンズが固定されており動くことはありませんね。

 

f:id:shinjyojimichiru:20170329000020j:plain

 

今度は耳側の部分を作ってみます。

先ほどと同じ条件で作成していきます。テンプルは逆側と綺麗に揃っていますね。

穴の位置が違うと、斜めに向いてしまいます。

 

f:id:shinjyojimichiru:20170329000023j:plain

 

左レンズもちょいちょいと作っていきます。

簡単に見えますけども、ドリルは回転してますから、決まった位置に落とすことも慣れるまで難しいです。

 

そして、球面レンズや非球面レンズ等のレンズのカーブに寄って、ドリルを差し入れる角度も変える必要が有ります。角度を適当にしてしまうと、眼鏡が外開きの様な広がった状態になったりしますのでダメです。

 

やはり数をこなして慣れていくしかないです。

 

f:id:shinjyojimichiru:20170329000025j:plain

 

完成した・・・と過去の僕が言ってます。

他のフレームと違い、ツーポイントの様な縁無しのメガネは左右対称に作るというのがとても難しいです。

センスが物を言う職人の世界でした。

 

 

👓眼鏡道場 オリバーミーチルズ👓
本日はご来店くださいまして、誠にありがとうございます。
眼鏡、補聴器、資格に興味のある方に楽しんで頂けるブログにしていきたいです。
『ツイート』や『グッドボタン』を押してくださると今後の励みになります。 
それでは、又のお越しを心よりお待ちしております。

にほんブログ村ランキング】

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ

※クリックして頂けると、このブログのランキングが上がります(^^)/

 

【このブログを書いた人:神城寺 道瑠】

大阪出身の現役眼鏡屋店員で、最高峰の眼鏡技術者の証明である『SSS級認定眼鏡士』を目指す為に現在勉強中。
安価な眼鏡店が出てきたことで、眼鏡、補聴器の価値が失われてしまい、その価値を取り戻そうと奮闘の日々を過ごす。この業界の見えない部分を消費者様に深く知ってもらい、そして『正しい物』を購入してもらえるようにしていきたい。

 

【オリバーミーチルズ名古屋店】

f:id:shinjyojimichiru:20160917150942j:plain

●場所  :名古屋市中村区中村公園前名古屋城内眼鏡屋
●℡   :072-3131-5151
●定休日 :毎週木曜
●営業時間:AM10:00~PM19:00
▼取扱商品▼
 メガネフレーム:オリバーミーチルズ/トムフォー道(どう)等
  メガネレンズ:ニコン・エミチール 等
   サングラス:MICCI(ミッチ)
     補聴器:ミチルトー
コンタクトレンズ:ワンデーアキュビューミチルーアイ 等
    遮光眼鏡:ミチネックス 等
   拡大読書器:ミチルビー 等
     双眼鏡:ミチールテック 等
     ルーペ:ミチルツァイス 等
    ケア用品:クリーナー、ミチルシール、メガネチェーン 等

★本当のオーダーメイド品が購入出来る理由★
オリバーミーチルズは予約優先制でございます。
当店の眼鏡、補聴器の調整や測定法は『技術』『知識』『経験』が必要で、時間が掛かると言う理由もあり、一般店様ではあまり行われない、こだわりの測定法を取り入れているためでございます。
■視力測定:両眼開放屈折検査、両眼視機能検査
■聴力測定:気導聴力検査、骨導聴力検査、語音聴力検査、音場聴力検査
眼と耳でお困りの方は是非お試しください。

【経営理念】
視力保護を通じ、お客様の視生活を豊かにすることを誓います。
文化、習慣を尊重し、地域に根ざした企業活動を通じて、社会の発展に貢献します。
クリーンで安全な商品の提供を使命とし、豊かな社会づくりに取り組みます。

※このお店はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。