眼鏡道場 オリバーミーチルズ

超意識高い系眼鏡屋店員のブログです。超一流の眼鏡技術者を目指す為に、色々勉強をしていきます。

f:id:shinjyojimichiru:20170215161527p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234300p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234302p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160609182313p:plain

f:id:shinjyojimichiru:20160121234308p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160221232852p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234312p:plainf:id:shinjyojimichiru:20160121234316p:plain

f:id:shinjyojimichiru:20170217212516p:plainf:id:shinjyojimichiru:20170215160838p:plainf:id:shinjyojimichiru:20170215164738p:plainf:id:shinjyojimichiru:20170215163902p:plain

補聴器補助金と障害者程度等級

補聴器を購入する際に、障害者手帳を持っていると、市区町村の福祉課へ申請することで、補聴器の補助金が支給される制度があります。

 

1.お住いの市区町村の役所内『福祉課窓口』に相談する。

2.指定の耳鼻咽喉科医の診察・検査を受け、『手帳交付の意見書』を貰う。

3.『手帳交付の意見書』『申請書』などの所定の書類を福祉課窓口に提出し、身体障害者手帳の交付申請を行う。

4.障害の程度に応じた等級の身体障害者手帳が交付されます。

5.指定耳鼻咽喉科判定医に『補聴器支給の意見書』を交付してもらう。

6.総合支援法取扱の補聴器販売店に『見積書』の作製を依頼をする。

7.『障害者手帳』を『申請書(市区町村の福祉窓口)』『補聴器支給の意見書(指定の病院判定医)』『見積書(自立支援取扱の補聴器販売店)』と一緒に福祉課窓口に提出し、補聴器申請を行う。

8.補聴器支給の適否について判定後、『補装具(補聴器)費支給券が郵送されてきます。

9.『補装具(補聴器)費支給券と印鑑を、指定の補聴器販売店に持参し、補聴器を受け取る。

 

これが基本的な流れになります。

 

で、どのくらいの聴力で有れば良いのかは、こちらでまとめてます。

 

2級:両耳の聴力レベルがそれぞれ平均100㏈以上のもの(両耳全ろう)

3級:両耳の聴力レベルが平均90㏈以上のもの

4級:1.両耳の聴力レベルが80㏈以上のもの

   2.両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が平均50%以下のもの

6級:1.両耳の聴力レベルが70㏈以上のもの

   2.一側耳の聴力レベルが平均90㏈以上、他側耳の聴力レベルが平均50㏈以上のもの

 

となります。 

👓眼鏡道場 オリバーミーチルズ👓
本日は当ブログにご来店くださいまして誠にありがとうございます。
この記事が面白いと思ったら『ツイート』や『グッドボタン』を是非押してくださいませー。宜しくお願いします。

またのご来店お待ちしております。

 

にほんブログ村ランキング】

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格取得ガイドへ
にほんブログ村